晴天の霹靂

晴天の霹靂

 

 

寒さも和らいできた3月半ば、

町は年度末のせわしなさに包まれていた。

 

私たち税理士事務所職員は、確定申告が終わり、

一気に気の抜ける時期でもある。

 

そこで、今まで頑なに顔出しをすることに躊躇していたのだが、

その気の抜けた状態だったからか、開放感があり、

この際、写真でも撮ってみようか、と考えていた。

 

子供の写真は、iPhoneや、カメラの中に沢山納まっているが、

意外と自分の写真と言うものが無かった。

 

自分で撮ってみようと思っても、なかなか上手くいかないし、

納得のいく写真を撮ることが出来なかったので、

娘を駆り出し、撮ってもらう事にした。

 

結局そこそこの出来だが、

とりあえずの写真という事で早速FaceBookのプロフィール画像を変更した。

 

ついでにチャットワークの写真も変更し、

夕飯の支度に取り掛かっていた。

 

そんな午後7時の出来事。

何時もの様に三浦さんのメルマガが届く。

 

タイトル 『紅一点の悩み』

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・汗

 

もう、タイトル見ただけで衝撃です。

 

危うく包丁を落とすところだった、、、

 

前日のスカイプ、そしてこのタイトル。

ほぼ、私の事だと確定したようなもの。

 

———————————-

こんばんは。三浦です。

今日はドタバタでメルマガを書くのをお休みにしようと思っていたのですが、
どうしてもHさんにお伝え致したいことがあり、、

———————————

 

本文をドキドキしながら読み進めると、

私の悩みやそれに対する返答や、

その時には感じなかったが、後で解った事の補足等。

 

そして、Hさんと書いておきながら、私のFacebookをシェアして頂くと言う。

もう、読んでいて一人台所で震えておりました。

頭に衝撃が走り、プチパニック状態。

 

その後三浦組チャットでお祝いされたり、

その夜からワードプレスと格闘しながらその日は過ぎて行った。

 

それにしても、ビールの件は内緒にして欲しかった(笑)

 

そして奇しくもこのブログの第1項は、

我が組長、三浦BOSSの37歳の誕生日と偶然重なったのである。

 

初めてのブログ。

厳密に言えばブログを書いた事が無い訳では無いが、

純粋にネットビジネスに拘って書いたのはほぼ初めて。

何から書いて良いか解らなかったので、

とにかくNBGC関連のチャットワークを初めから読み直した。

 

そうすると、まざまざと当時の(と言っても3ヶ月前なのだが)記憶が甦って来た。

そう、あの衝撃的な出会いから全ては始まった。

 

そして、その記事を見て下さった三浦さんから、こんな事を言われたのだ。

 

「小説風なのは、表現的にかなりありです!」

 

意外だった。

すごくうれしい反応だったが、自分が書く文章が、

小説風と自分で思った事が無かったからだ。

 

当時の自分を思い出して、どこか客観視していたのだろう。

そして、今はもっぱらビジネス書の割合が多くなっているが、

学生時代から30頃までは、小説は結構読んでいたので、

その影響があるのかもしれない。

 

とにかく、方向性は決まったので、毎日の投稿を欠かさない様にしようと、

心に誓ったのだった。

 

 

MINECRAFTへつづく

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top