『メルカリ』と『らくらくメルカリ便』のいい関係

『メルカリ』と『らくらくメルカリ便』のいい関係

今年の1月から新しい部屋を借りて住み始めたんですが、後から後から荷物が送られてくるんですよ。

以前の住処から。

まぁ、それは良いとして、よくもこんなに溜め込んだなというくらい、不良在庫や売りそびれた商品が押入れを占領していました。

仕入れ金額で言えば、だいたい5〜6万円くらいなものなんだけど、とにかくいつまでも重い腰が上がらなかったのは確か。

今はトレンドブログを書いていて、2つあったアドセンスのひとつを使っていたんだけど、いきなりログインできなくなったりと追い打ちをかけられたりしたので、『ひとり24時間耐久リサーチ!』と銘打ち、仮眠を取りながらも、集中して物販に打ち込んでいた。

が、

ふと部屋を見渡すと、それはもう大変な有様。

「こりゃいかん」

と思い立ち、掃除を始める。

そうなると、あちこち気になり始め、

「このダンボールの山をなんとかしなければ!」

と、おもむろに掃除したばかりのカーペットの上に、ダンボールの中身を無造作に取り出していく。

「いかん!このままでは収拾がつかなくなる!」

時計の針は19時を指していたが、睡眠不足がたたり、さらに身体を動かしたので強烈な睡魔が襲うも、この状況を放っておくわけにはいかない。

「仕方ない。メルカリで売ってみるか」

思い立ったが吉日とは良く言ったもので、まずは最近実験で仕入れたブランドもののバッグ(中古)を出品するも、「いいね」が2個付いて問い合わせも来ない。

ま、こんなもんだろうと思いながら、とある景品でもらったケトルを出品すると、すぐに問い合わせが来た。

「送料込みでこの金額ですか?」

メルカリの相場を見て付けた金額が1,500円で、もらい物だということもあるので、軽いから送料もそんなにかからないだろうと高を括り、この金額で間違いないと返事をする。

速攻で売れたので、どこの人だろう?と思い確かめてみると、、、沖縄。。。

まー そーでしょー、そーでしょー。

送料を気にするのは、たいてい離島とか北海道の人だろうと予想はしていたので、あまり気にも止めていなかったのだが、私の中での最安値である『はこブーン』で送料を確認すると、

「1,112円! たっか!沖縄たっか!」

1,500円で売れて、メルカリの手数料を引いたら残りは1,350円。

そこから送料を引くと、238円…。

「う〜ん。そういえばメルカリ便ってどうなんだろう?」

調べてみてビックリ!

2Kgまで全国どこでも600円!!!!!

集荷に来てもらってもプラス30円!!!!!

さらにポストに入る大きさなら、195円と激安!

5cm以内の厚さでA4サイズなら、専用のボックスを買っても、合計で445円!!!!!

詳しくはこちらから。

 

う〜ん、、、恐るべし らくらくメルカリ便・・・

 

その後も、以前ヤフオクのアカウントが潰されたり、動作確認がどうしてもできなかったりと断念したまま残っていたカメラの在庫を黙々と出品すると、これがめちゃくちゃ売れるw

出したら速攻で売れちゃうんですよね。

もちろん、オークファンの相場を確認しながら、ギリギリのラインを狙いつつ、高めで設定するのがコツ。

どうせ値下げ交渉されるんだろうなと思いきや、意外とそんなこともなく、値下げのコメントは入るものの、別の人がその後すぐに設定金額で落札してくれるという素早さ。

「ん? 輸出の人が仕入れてくれてるのかな?」

そう思いすぐにebayで確認するも、売ればある程度は差額が取れるけど、そうでもないような微妙な金額。

もしかしたらAmazonかもしれないとリサーチするも、そもそもマニアックな商品を扱うことが多かった上に、叔父から大量の ゴミ 古いカメラやレンズやアクセサリーをもらっていたので、かなり市場的にもニッチでAmazonでの需要は薄い。

しかし買ってくれた人は、他にはないかと取引画面で交渉してくる。

買ってくれたひとりは、カメラを学んでいる学生だというが、本当だろうか?

もしかしたら、ヤフオクは最近カメラの値が上がらないという話も聞いているし、市場はメルカリに移行してるのかもしれない。

まぁ、今カメラ転売をするんだったら、メルカリはかなりアリなんじゃないかと肌で感じられることができたのは大きい。

ここはもう少し検証してみよう。

 

とにかく夕方から朝にかけて13品出品して、途中途中で売れていくので対応したり梱包したりで結局寝れず、そのままお昼前に配送。

まとめ売りしたのはさすがにメルカリ便では送らず、ゆうパックを選択したので、徒歩5分の郵便局にて余っている切手で支払い完了。

一旦部屋に戻り、残りの5個をファミリーマートで出荷完了。

 

ここで、もうひとつメルカリ便の良いところは、売れる前にメルカリ便にしておくと、双方の名前を知ることなく送ることができるという、匿名配送ができるというところ。

あ、だから全国一律の送料なのねw

途中で気がついて、メルカリ便が良いと思ったものに関しては、先に設定しておいた。

そして住所を記入することも、パソコンで設定することもなく、ボタンひとつで完了というスグレもの。

さらに、配送料はメルカリの売り上げから差し引いてくれるので管理がラク!(クレジットカードの登録は必須)

 

ファミリーマートにわざわざ持っていかなくても、ひとつにつき30円支払えば集荷に来てくれるけど、気分転換も兼ねて自分で行くことに。

といっても、歩いて10分もかからないんですけどねw 買い物もできるし。

で、面白かったのはコンビにでの伝票の貼り方。

渡された伝票は、はこブーンと同じものなんだけど、入れる袋が違うんですよこれが。

ビニールの袋じゃなくて、紙でできた小さいポケットみたいの。

↓これ(慌てて撮ったからヒドい写真・・・)

最初はアルバイトのお姉さんが言ってたことが把握できず、ちょっとアタフタとしてしまいました。

「袋に伝票を入れて、箱に貼ってください」

「袋??? 袋ってどれですか?」

最初は黄色いステッカーだと思い込んでいたので、ちょっと自分で笑ってしまいました。

この小さな袋に、長い伝票を3つ折りにして、ポケット状になっているところに入れておけば良いそうです。

 

そんなこんなで、無事に6個の配送を終え、桜を眺める余裕もできました。

やっと春を感じた昼下がり。少し心にも余裕ができたかな。

なんて言ってらんないんですけどね!

やること満載!!!

 

そうそう。

歩きながらふと、このメルカリ便ってAmazonに対抗してるんじゃないだろうかと思ったんですよ。

FBAとは倉庫を持たない分、構造的に違うけど、結局メルカリとヤマト運輸が手を組んで、顧客の取り込みに来てるとしか思えない。

さらに『匿名配送』という強い武器も持っていて、プライバシー保護の観点からも、今の時代に合っている手法。

 

うん。もうちょっとメルカリ研究してみよう。

 

 

結局1日で売れたのは6個で、カメラ系はそのうち5個。

売れ残っているのは、カメラ系が2個でその他が5個。

 

それでも経費を引いて40,000円残ったので、良いペースなんじゃないでしょうか。

部屋にはまだまだ大量のモノがあるので、さっさと出品しちゃおうと思います!

 

でも、カメラ関係は夜中の方が売れる気がするので、昼間は他のことをしようかな。

ハッ!生きてるアドセンスにブログ紐付けしないと!

 

ということで、今日はこの辺で。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top