モチベーションが上がらない時の対処法

By hinata, 2017年5月4日

 

ここ数ヶ月、本当にダメダメな生活を送っていましたが、気分的にかなりそこから抜け出せそうな気がしてきました。

振り返ると、恐ろしいほど堕落した生活を送っていたんです。

自分でも不思議なんですが、こういう時ってどんな抵抗をしても、人に何を言われてもダメなものはダメだということを痛感しました。

 

とにかく何もしたくない。

体がダルい。

ぼーっとテレビを観る。

ぼーっとスマホをいじる。

ひたすら寝る。

 

廃人です。廃人。

 

でも生活しなきゃいけないから、不用品販売だったり中古転売をメルカリで続けながら、トレンドブログの更新だけは必死にやってたつもり。

 

そうなんです。それは単なる『つもり』でした。

 

記事を5記事書く日もあれば、書かない日が続いたりと一番ダメなパターン。

それでもなんとか日給3000円が見え始めて、ヨッシャー!と思っていたところで、アクセスダウンの嵐。。。orz..

 

そこで気合い入れて大量投稿という気にもなれず、また気分は落ち込むばかり。

 

なんとかしなくちゃと思いはするも、どうしていいかわからなくなった時、ふと、

「外に出ない生活が続いていたのがかなり悪いんじゃない?」

って思い立って、とにかくセミナーとかに出まくってみたんです。

 

無理やりでも外に出る環境を作るということと、何をすればいいのかということもまだ固まってなかったので、イメージするために話を聞きに行くことが必要だと思ったんです。

 

そうすると、自然と人と話す機会も増え、

「このままじゃ私ダメになる」

という意識が生まれます。

 

一瞬だけw

 

で、家に帰るとまたダルくなるの繰り返し。

 

多分、軽い鬱だったんでしょうね。

 

母親が鬱だったんで少しはわかるんですが、とにかく布団から出られないんです。

電気を消したいんだけど、体を起こすのすら辛いから一日中明かりを点けたままとか、何も食べない日があったりとかw

 

そうなってくると、自分という存在がどんどんなくなってきて、

「もう、別にこの世に未練もないし、このまま死んじゃってもいいかもね。」

なんて、一瞬頭をよぎったりするんですよ。

 

マジで。

 

20年の結婚生活から抜け出し、コミュニティ(特に厳しいBEC)から逃げ出し、残っていたのは空っぽの自分だけ。

 

「あ〜、私ってナニモノなんだろう?」

 

なんて自問自答を繰り返していたとき、私のことを全く知らない人に無性にコンタクトを取りたくなったんです。不思議と。

 

なんていうか、普通の人って何してるんだっけ?って考えちゃったのと、知らない人から見たら私ってどういう風に見えるんだろうって思ったんです。

 

なんていうか、ネットビジネスでもなく主婦でもない、普通のサラリーマンや学生などなど。

 

そういう人と交流を持つようになって、改めてどれだけ自分が異常なのかを理解するというw

 

みんな頑張ってるんですよね。当たり前ですが。

 

とあるボディビルの大会で優勝を目指すジムのトレーナーの方と食事の話になって、どんなものを食べているのかとかいう話題の途中に、

「ラーメンなんて食べるんだったら、千円札をその辺に投げ捨てます。」

というひとことに、頭の中にカミナリを落とされた気分になりました。

 

これはかなりの衝撃。

 

そこまで追い込まないとダメっていうか、理想の自分に近づく為に努力するとかじゃなくて、当たり前のレベルにするということ。

やらないとキモチワルくなるっていうアレです。

三浦さんのコンテンツをご存知の方はわかるかもしれませんが、毎日の作業を当たり前のレベルにしないとダメだということ。

やらされてる感じゃなくて自分で決めてやるっていうことと、それをいかに日常にするかっていうお話し。

 

そしてその人とコミュニケーションを取っているうちに、無性に体を動かしたくなったり、生活リズムをちゃんとしないとダメだなという感覚になり、徐々に朝起きる時間を決め、とにかく体を動かし、外にも積極的に出るようになりました。

そして今度は無性に体型が気になり始め、肉体改造したくなったり。笑

 

でも不思議なことに、体を動かすようになると自然と仕事もスムーズに行くようになって、やりたいことも少しずつ増えてきて、計画的に行動できるようになりました。

 

・・・と言っても、それはほんの最近のおはなし。

 

また落ちる時もあるかもしれませんが、以前よりは目標もできましたし、やるべきこともかなり明確になってきたのであとは行動するだけ。

 

目標って、今まで結構強制的な部分が大きかったんですよ。

この目標を出したら、人からどう見られるのかということを考えて決めた目標とか、あるいは指導者から決められた目標とか。

これでうまくいく人ももちろんいるんですが、私はダメだったみたいです。

 

ちなみに、ここ最近出たセミナーは、

・BUYMA三銃士セミナー

・ebay無在庫輸出

・三浦さん主催のケーススタディワークショップ

・メルストライク(メルカリツール)の勉強会

・中国輸入

 

セミナーに出て良かったと思うことは、BUYMA三銃士セミナーで久しぶりにみんなに会えたこと。

 

そして三浦さん主催のケーススタディワークショップで、自分を見つめ直せたこと。

これはかなり大きかった。

久しぶりに三浦さんからガッツリ怒られたっていうのもあるんですが、自分を見つめなおす作業って、やっぱり定期的にしないとダメなんだなと実感しました。

 

メルストライクのセミナーは、新しい仕様になってから全く動かせなくなってしまったので、主催者に勉強会を開いてほしいと懇願したところ開催決定。

無事、ツールの問題は解決でき、順調に売れていっているのでホッとしています。

もうひとつ、そのセミナーで繰り広げられた中国輸入の可能性を感じたので、別の中国輸入のセミナーにも出てきました。

 

こう書いていると、またノウハウコレクターに逆戻りな気がしますが、ひとつづつモノにしていきます。必ず。

 

当面はトレンドブログを書きつつ、中古転売を細々と続け、ebayに再チャレンジします。

 

ん〜、またもや話題があっちこっちになってしまいましたが、無性にアウトプットしたくなったので良しとしよう(関係者が読まないことを願う・・・w)。

 

最後にまとめると、モチベーションが上がらない時は、

・気分にまかせてしたいことをする(あるいは何もしない)

・時には自分というものを見直し、現状を直視する(一番辛い)

・頭の中を整理するために紙に書き出してみる。(なんどもなんども)

・とにかく日中に外に出る(人間には太陽が必要だということがわかる)

・人に会って話す(電話じゃダメ)

・まったく知らない人と交流を持ってみる(これは意外に効果あり!)

・体を動かす(健全な精神は健全な肉体に宿るはホント)

・規則正しい生活(1日が24時間だったことを思い出す)

 

徐々にでいいと思います。

 

でも、一番最初の『気分にまかせる』というのは、かなり危険を伴うのでお気をつけくださいw

しかし、どうしようもないときにはかなり効果的です。

気分に任せるのも、続けると飽きてくるんですよ。不思議なことに。

 

以前、三浦さんがメルマガで書かれていましたが、

これから僕がこの業界だけじゃなく、あらゆるビジネスを行う上で、重要なこと。
もっと言うと、色々、紆余曲折・波乱万丈ありながら、辿りついた境地。

それは、

ビジネスを行う上で最も重要なことは、

「充実感」
「生きている実感」
「自分の足で歩いている人生」

この辺を中心にこれからも行きたいな~と思いました。

別にいいです。
今から、毎日満員電車に揺られても、、

「充実していれば」

別にいいです。
明日から、睡眠時間2時間になっても、、

「充実していれば」

別にいいです。
嫌な奴でもビジネスの為に大人の対応をすることも、、

「充実していれば」

上記、、3つ。
この業界でよく言われる皆が嫌なことを書きましたが、

それって、その行為が嫌な訳じゃなくて、

結局、

「やらされてる感」
「嫌なことをやっている自分」
「くだらないプライド」

の問題だったりするな~~って。

メルマガ【洞爺湖で、ふと思ったこと。】より引用

今、まさにこれを実感しています。

『充実』というと人それぞれ違うし状況によっても違うと思いますが、それよりも一番感じたのが、人にやらされたり嫌なことをやっている自分というものを少しでも感じてしまうと、人は動こうと思ってもなかなか動けないものなんだなって。

 

自分はどうなりたいか?なんていうことだって、見えてこないことのほうがほとんど。

「生きていければいいんじゃない?」

なんていう風になりがちです。

 

人は欲が深い方が頑張れるし、それが正常なのかもしれませんね。

それが、一番モチベーションが上がる秘訣かもしれません。

 

私も、やっと色々と欲が出てきました。笑

 

 

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です