初めてのKeynote

By hinata, 2014年3月30日

 

 

 

ソチオリンピックも終盤戦。

テレビからは、これから始まる女子フィギュアスケートへの期待と不安の声が聞こえてくる。

 

普段はあまりテレビを見ないが、この時とばかりに私はテレビに噛り付く。

どうしても実験したいことがあったのだ。

それは、オリンピック動画をそのままYouTubeに上げたらどうなるのか。

 

何人か演技を終え、浅田真央の登場。

私はえも言われぬ緊張感に包まれていた。

 

iPhoneをテレビに向け、撮影開始。

念のため音声は最小にしてある。

 

無事撮影終了し、すぐにYouTubeへ。

 

『全世界ブロック』

 

速攻である。

高速の動きで削除。

 

冷や汗が出た。

こういう事か。

 

今までに無かった感情が湧き起こった。

そして、少し皆の気持ちも理解できた瞬間でもあった。

 

ある意味満足し、すっきりした気持ちで2月の報告会の資料の作成に取り掛かる。

 

先月は紆余曲折あり、グーグルドライブでの資料作成となったが、

今回初めてKeynoteで資料を作成することにした。

 

初めて使用するKeynoteは、やはりアップル製品なのでiMovieと使用感が似ている。

そうすると、今まで作成してきた動画同様、色々と懲りたくなるのがサガという物。

2月は期間も短かったが、オリンピックのお蔭でネタは沢山あったので、

画像、動画、エフェクトバリバリで、濃い内容になってしまった。

 

ちょっとふざけ過ぎたかとも思えるような内容に躊躇しながら、三浦さんに添削していただく。

 

すると、三浦組チャットの未読ランプが付く。

 

「ひなたさんの企画書が、なんか、まさか王ばりに凝ってて面白かった 笑

皆さん、、お楽しみ!」

 

心底嬉しかった。

やはりあれ位ノリノリで作ったほうが、ウケが良いというか、

別にウケれば良いわけではないのだが、会社のプレゼンじゃないんだから、

つまらない資料を出しても仕様がない。

 

報告会に来ている皆に如何にインパクトを与えることが出来るかが、

自分の中のテーマだったこともあり、三浦さんのこのチャット投稿にホッとした部分もあった。

 

それにしても、この収益の伸び悩みはどうしたものか。

報告にも載せるのを躊躇する位の報酬しか上っていない。

今月の目標10万円までは程遠いものとなってしまった。

 

小玉さんからどの様な指導をいただけるのか。

不安の中、再び新宿へ向かう。

 

 

蟠(わだかま)りへつづく

 

 

 

 

 

 

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です