【5年後・10年後、どうあるべきか?】

By hinata, 2014年9月15日

今日はちょっとテイストを変えて、

超真面目な感じで(笑)

三浦さんのメルマガ記事

【5年後・10年後、どうあるべきか?】

http://hinata.jellybean.jp/nzwj

この記事に対するアウトプットをする機会がありまして、

三浦組の面々がそれに対して投稿する中、

私も私なりのアウトプットをしてみました。

まずは↑の記事を読んでから、↓へどうぞ。

賞味3時間、手直し合わせて5時間という長い時間をかけて書いた物です。

ーーーーーーーーーーーーーー

チャットワークにご招待頂き、ありがとうございます。

さっそくですが、「5年後・10年後について、、」のアウトプットをさせて頂きます。

まず一番初めに感じた事は、今まで三浦さんがメルマガで多用されていた口語体から、

一変して文語体になっていた事。

これは今後三浦さんの発信が何かしらの変化があるのではないかと感じました。

それは、ステージの変化とターゲティングの変化。

小玉さん、前村さんとの対談が行われ、それが広まった事で共感を覚えた、

同じ様な境遇で現在それに疑問を持っているエリートサラリーマンが、かなりの数注目したはずです。

そこでこのタイミングで、世にいる高学歴で一流企業のサラリーマンへのメッセージを、

この「5年後・10年後、どうあるべきか?」で語られたんだろうなと思いました。

内容につきましては普段私達一般人があまり触れる事の出来ない世界を垣間見る事が出来、

年収1000万を得る為にはここまで大変なのかと感じ、一流企業の厳しさを教えて頂きました。

確かに中小企業の給料は守られているのかもしれない。

やはり三浦さんが仰られている通り、今やそれも一部の”今だけ”限定の事柄だとも感じています。

それほど働かないでも給料をもらっている仕事と言うのは、

公務員は別として、今時流に乗って調子の良い会社がほとんどなのではないか。

例えば建設業者が今潤っていても、震災前は本当に悲惨な状態もありましたし、

今の建設業のプチバブルも東京オリンピックまでが限界なのではと感じる部分が多く、

何の仕事もそうなのですが、時代の波にたまたま乗っているだけで、

周りの状況が変わる事により、まったく違う結果となってしまいます。

景気が良ければそれは自分の努力の成果と勘違いをし、

景気の悪い時には、それを時代のせいにしている人や会社を今までも多く見て来ました。

こう言った事からも年収が300万~1000万の中小企業のサラリーマンは、

これからどんどん厳しくなる兆しが垣間見えています。

自分の人生なのに、外部の要因にこれほどまでに影響されやすい職業が、

こんなに多いのかと驚愕しているところでもあります。

仕事柄中小零細企業との繋がりが多いので、その内情は良く知っているのですが、

現状でも従業員の年収は200万円台が非常に多く、

仕事の内容もまさに時間の切り売り状態の方々がほとんどです。

年収200万の時代ももうすぐそこまで来ているのではないでしょうか。

そんな中でもやはり中小零細の社長や、個人事業主の中には、

1000万円以上の年収を自分の手で掴んでいる人も多く見ており、

そう言う事もあって、自分の力で生きて行くと言う選択肢に魅力を感じる様になりました。

未来は自分の手で掴んで行く。

5年後・10年後は、実力のある人は自由な生活を得る事が出来、

なにも生み出す事が出来ない人は、今よりももっと厳しい状況になる。

国の政策はどんどん変化しています。

法律を変える事によって、国の為に犠牲になる人が増えて行きます。

例えば先日、集団的自衛権の行使容認を閣議決定された事によって、

現状では自衛隊員の問題が騒がれていますが、一つそう言う事が許されてしまうと、

それが自衛隊だけの問題に留まらず、いつ一般人にも降り掛かってくるかわからないと言う事です。

戦争になってしまう可能性だって、

福島の後片付けを強制的にさせられてしまうかも知れない可能性だって、

現実味を帯びて来ているのはまぎれも無い事実で、

結局は国に依存している限り、そう言った事は避けて通れない問題だと思っています。

なので、今から自分の力で生きて行く事がこれからは必ず必要な物となって来ます。

安全な場所で、大切な家族と暮らし、好きな人と好きな仕事をして生きて行く。

これが5年後・10年後の自分になって欲しい事です。

こう言った事を普段は漠然と考えておりましたが、

こうして三浦さんのメルマガから気付きを得て、

アウトプットする事によって、自分の考えをまとめる事が出来ました。

情報発信をする事で、一人でも自分の考えに賛同してもらえる人を見つけ出し、

救ってあげる事が出来るのかもしれないと改めて気付かされました。

最近自分の発信する事など、それほど人に影響があるはずは無いと勝手に考え、

簡単に物事を済ませてしまおうと言う悪い虫が心に巣食っていた事も事実で、

あまり頭を使う事をせずに情報発信をしてきたんだなぁと、

本当に情報発信へのリスペクトが足りていないと反省しています。

実際にこの文章を書くだけでも、相当時間をかけないといけないほどの力しかありませんが、

本当に自分の書きたい事に拘って、相手にどう伝えるのかを考えながら文章を考える事は、

坂本先生ではありませんが、とにかく時間をかけてでもやって行かなければいけない事だと思いました。

結局一番大事な部分はこの情報発信で、どれだけの人の心を動かす事が出来るのかが最重要事項。

それと、合わせて、情報発信の恐ろしさも感じ始めています。

発信する一言一句が相手に及ぼす影響力の強さは、自分が思っている以上に強い物である事。

それを磨いて武器にして、誰を守るのか、誰を傷つけてしまうのかを真剣に考えないと、

身を滅ぼす物でもあると言う事も感じました。

自分のスタイルとターゲティングをもう一度良く考え、情報発信して行きたいと思います。

やはり自分の選択は間違いではなかったと改めて感じます。

もちろん稼ぐ事に拘らないと結局意味がありませんので、手法やテクニックも大事ですが、

最終的に目指すのは情報発信で影響力を強める事。

それが一番レバレッジを掛ける事ができるので、情報発信を学ぶ環境と言うのは本当に貴重であり、

それが出来るのは三浦さんしかいないと思っています。

もちろん、三浦さんの日々の発信に惹かれて、ここまで来ているのですから当たり前の事かもしれませんが、

今までは結構漠然とした、何となくでしか考えていなかったのかもしれない事だと感じています。

今まで自分を見つめ直す事などしてこない人生でしたが、こうして時間をかけて、

自分の未来を考える機会を与えて下さったので、まだぼんやりとですが自分が見えて来た感じがあります。

一番言えるのは自分でも笑える程、どれだけ直感で生きて来た人生だったんだろうと言う事で、

私に足りないのは事実に基づいた分析力だと言う事が分かりました。

でも、この直感で三浦さんに出会えた事実もありますので、これに関してはあまり変えて行くつもりはありません。

ですのでこれからは、この直感も大事にして行きながら、もう少し考えて情報発信して行きます。

この様な機会を与えて下さり、たくさんの気付きを頂きました。

本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

三浦組では、定期的にこう言ったアウトプットをしています。

NBGCでは、基本的に稼ぐ事を主体とするコミュニティですが、

三浦組はその先、情報発信に力を入れております。

ネットビジネスで、基本の稼ぎとなる物が出来たら、

次は情報発信。

みなさんこの部分でつまずく方が多いみたいです。

それもそのはず、私も今までそう言った指導者に会う事はありませんでした。

今は奇跡的に三浦師匠に出会い、毎日思考を鍛えています。

本物に触れ、毎日思考を鍛える環境って、

なかなか見つかりません。

もし、それを望むなら、三浦さんのメルマガを読んでいるだけでも、

相当鍛えられると思いますよ。

まだ登録されていない方は、上のブログから登録できます。

そして、私は去年の暮れから、少しずつですがアウトプットを繰り返しています。

今やそれが日課となっていて、一番楽しい時間です。

もっともっと鍛えて、そしてセンスを磨きながら、

アウトプットして行きます。

ひなたのメルマガ 登録はこちら

                          

 

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です